手ごねレシピをHB向けにすべく、幾つか思う所もあって試作してみました。粉量が200g未満(150gや160g)だと、HBですんなり捏ねさせるには量がちょっと少ないので、200g以上になるように計算し直してアレンジしています。基本的に、副材(具材)多めのメニューが該当しているので、増えた分、申し訳ございませんがレッスン料UPとなります。
☆トマトバジル☆
トマトバジル粉量200g、10分割、5個:具材無し、5個:チーズ包み+ピザソース。
※手ごねでは、粉量150g、7分割、全てチーズ包み+ピザソース
☆ベーコンエピ☆
先々で取り入れメニューの先取り(?) 焼き色薄すぎました;
ベーコンエピ粉(フランスパン専用粉:リスドォル)量200g、2分割
☆白パン☆
これは体験用だからHB用に転換しなくても…でしたが、タイガーHBでチェック兼ねてみました。
白パン粉量200g、8分割
さて、最後に載せた白パンですが、書いている通り、タイガーのHB使ってみました(上の2つはMKです)。ウチのベーカリーがひょっとしたら壊れてるのか定かではないのですが、発酵温度がMKやパナに比べて低くないか?と思います。生地コースで終了間際の生地温度で26度。ちなみに、MKやパナは31度。焼き上げは全く問題無いのにナシテ?ですよ。過去何度か、あまりにも膨らんでなかったので、今回は独立キーで「こね」と「発酵2」を使用したのですが、その「発酵2」で27度?もしもし?発酵は60分セットしてましたが、下の写真の様に、時間にしてあと最低30分は追加~って感じです。
白パン一次発酵中ドライイースト3g使用。水温調整済み。このままHBで発酵だと乾燥が進みそうでしたので、生地取り出してから軽くパンチ入れて丸めなおしてから発酵器行きです。Google駆使しても、生地作りされてるのを見かけないので、実際の所どうなんだろう?で不明。まぁ使えなくても困りはしないので様子見です。