表題の通り?誘われて、都久志会館で行われた「母と暮らせば」の試写会行ってきました。
151204hahato都久志会館入ったの初です。隣のガーデンパレスはあるけど;
それは兎も角として、映画の内容は公開前なのでパスしまして
主演の吉永小百合さんの映画をこうやってスクリーンで観るのは、夢千代日記以来でしょうか?NHKのドラマも観てましたので、いよいよ最期か・・・と悲しくなった作品でした。
今回の作品は、ほぼ前知識無しで鑑賞しまして、広島を舞台にした父と暮らせばの対。井上ひさしさんの遺志を継いで山田洋次監督がメガホンを取られた初ファンタジー。
時代背景も相まって、楽しい話ではないけど、どちらかといえば、悲しくて切ない。
日本映画でしたねぇ(意味不明)