ミュージカル「オペラ座の怪人」。私は、劇団四季版をキャナルシティ博多にオープンした(当時、四季専用)劇場のこけら落とし公演で観たのが初でした。1996年6月、7列目センターど真ん中の位置。もちろん、あのシャンデリアの演出に「おぉーーーっ!」となった一人。そんな感じで、後に、当時はあった品川(だったはずだー)のキャッツ劇場で観た「キャッツ」も好きだが、やっぱり、筆頭はこれですね。何年か前のJ・バトラーファントムの映画版もDVDももちろん持っている。ちなみに、別視点である、アーサー・コピット版「ファントム」を宝塚化したのも観に行った。今、東京で四季版演ってるようですが、汐留の劇場にはまだ行ったことないので一度行ってみたいものです。
と、長くなった前置きはさておき、
オペラ座の怪人「オペラ座の怪人」がロンドンで初演されてから25周年ということで、昨年10月に行われた記念公演を収めたDiscです。映画として上映されていたようですが、観逃しました。で、この初回生産限定であるBOX版が目に留まってポチ。Blu-ray、DVD、実況CDと、全てバラ売りされるモノが一つのセットになって、定価よりもお安くお買い得。有り難いことに5.1chもOK。
届いて早速、Blu-rayで観ましたが、言葉に尽くせない素晴らしさ!やっぱり、ファントムには魅了される。ちなみに、日本語字幕は2通りあって、浅利慶太さんの台本版も用意されてますが、あえて字幕2である日本語字幕の方で観ましたが、オススメです。
続編(?)である10年後の世界、「ラヴ・ネバー・ダイズ」のDiscも出るみたいですね。とあるブログでネタばらしを最後まで読みましたが、賛否両論あるみたいですが、音楽は素晴らしいみたいですね。ポチッとしてしまいそう(汗;