さてさて、ゴルフ6のインナードアのグリップは、プラスチック樹脂部分とウレタン?の組み合わせでして、事の発端は、そのグリップがヤニみたいにちょっとベタベタとしたことにありますが・・・元々、質感その他諸々あまり評価がよろしくないようですね。
100612glipcaver.jpgそんな訳で、とりあえず、このグリップにカバーをしてみようか?と思ったのであります。ネットの世界で、ゴルフ用のカバーってのは見なかったので、自作に踏み切り、よりフィット感を出すため、微調整しつつ型起こし。まぁこれぐらいが、ミシン掛けもしやすいだろうと判断。ちなみに、型起こしに使った生地はナイロンです。


100612glipcaver01.jpg
この型起こしに使ったモノを、厚手の紙に写し取りまして型紙作りです。どんな紙でも良いんですが、使う生地が、合成皮革か本革か?ですから、あまり動きのない厚紙がよろしいかと思います。さて、実際に型紙を作成した際には、左右の型を一枚で終わらせたいというのもありまして、重ね合わせの部分は同じ幅にし、見返しも同じ幅にしました。あとは、右左間違えないことですね。
100612glipcaver03.jpg100612glipcaver04.jpg
左右・各2枚ずつ印付けまして、縫い代もとりまして、切り取り線に沿ってカットカット。印付けの色は白か黄色がベストです。そして、右か左か間違えないように書いておきましょう。(実際は微妙に上部分に角度があるのでわかりますけど)
100612glipcaver05.jpgそして、これからがミシン引っ張り出しての縫い物。合成・本に関わらず、厚手ですから、ミシン糸は厚地用。針は、レザー用を使ったが縫いやすいでしょうね。また、ミシンの押さえもテフロン用を使ったが縫いやすいです。私は、家庭用と工業用と2種類ミシン持ってまして、最初は家庭用で縫い始めてみましたが、ステッチ掛ける際に、生地の厚みが変わる箇所で、布送りがうまく出来ずに縫い目が飛びまして、そんなんばっかりでしたから、結局、工業用を引っ張り出して来ました。まぁ、レザー系じゃなければこんなん無いとは思いますけど、最初っからそうしておけば良かったなぁ・・・と。そして、ステッチ掛けたあとは、接着タイプのマジックテープを貼り付けまして出来上がりです。
100612glipcaver06.jpg100612glipcaver07.jpg
このマジックテープに関しましては、手芸用品店ではなく、ダイソーにて発見(爆)手芸店などは2.5センチ幅ぐらいのしか売ってるのが無かったので、これを切っても良さそうなモンでしたが、モノは試しにダイソーへ行ってみましたら10センチ角のフリーカット用が売ってまして、それを買った次第です。ちなみに、マジックテープの幅は1.5センチでカットしてます。
今回は、手持ちの薄手フェイクレザーがありましたので試作旁々やってみたのですが、素材にこだわるのであれば、本革でしょうね。ちょっとマットな黒か、ゴルフ6のイルミは赤ですから赤。若しくは、車体の色に合わせるとかねぇ~お好みで。
今回作成しました、基本型紙、要る!って人はいらっしゃらないかと思いますけど、そんな方いらっしゃいましたら配布しますよ。寸法図をPDF化してますので、お声を掛けてください。それを叩き台に、自分なりにアレンジされてくださいね。