昨晩、リビングの照明がちらつき始めたので、今日の午前中、電気屋に電球を買って、次女と一緒にお昼ご飯(今日は入学式で、6年生は出席の半ドン)食べた後電球を取り替えてスイッチを入れたら・・・・・「あれっ?」何回かスイッチ入切してみたけど点かない・・・そのうち、「ポンッ!」 そうです。ショートして白煙が出ました(汗;窓は半開きだったので全開で強制換気、火災報知器が若干離れていたので報知器も鳴ることなく事なきを得ましたが、いやー母娘して吃驚しましたよ。
おそらく照明器具本体が14年近いモノなので昇天したんでしょうが、アダプタ側だといけないので、他の器具で確認、やはり本体だけで、買ったばかりの電球も生きてました(ホッ)
そんな訳で、次女を連れて再び電気屋へ。リビングの照明なので、今度はオート調光のにしようと、パナソニックのオートエコ調光付ツインPa(HHFZ4322)をお買い上げ
100409living.jpgエコな照明器具ってヤツですね。しかし、箱は大きい、本体も大きい(直径71センチぐらい)車に乗るんかと心配しながら持ち帰りましたが、とりあえず大丈夫でした。
取付は完了したので、夜になったら、調光の設定など行いましょ。
何にしても10年過ぎたら、器具も取り替えなきゃ、こんなこともあるってことで、気をつけましょう