グルテンを交換しに行ったりとすったもんだありましたが、どうやら無事焼き上がったようです。
麦芽糖が入って無いタイプは初めて使うので、焼き色どんなかな?でしたが、結構はっきりついてました。
このカメラじゃなく、コンデジで撮ったら白っぽく写るので、カメラのWBあたりの違いかな?と思いますが
米粉生クリーム食パン1ということで、お約束のデータ。
室温22.4度
生クリーム(乳脂肪分48%)100ml、水100ml、パン用米粉200g、グルテン50g、きび砂糖10g、塩4g、食塩不使用バター9g、ドライイースト3g
気になった捏ね上げ温度は、生クリーム・水とも冷えたの(6度ぐらい?)を使いましたが、やはり32度でした。
なので、今回は、ベンチタイムとして10分、パンケースを外に出して、濡れ布巾掛けて、それから分割して丸め直し、パンケースに戻し、HBにセットしてます。


バターの9gは、量り入れたら9gだっただけです。

断面↓
米粉生クリーム食パン2小麦パンみたいにきめ細やかで、それでいて少しツヤがありました。
クラストは、ショートニングではなかったのでサクサク感は少なかった(ショートニングだと、少しサクサク気味に焼き上がるみたいです)のですが、美味しく戴けました。

おまけ。真ん中から割ってるとこ↓ カメラが違うので、違うパンのように見えますが、被写体は同じです。
米粉生クリーム食パン3のびーる感じがgood

長女が、学校の都合(研究発表)で、給食食べずに帰ってきましたので、お昼として食べました。ついでに、塾パンにもなってます。