子どもから、「なーんか実験みたい」と言われましたが、まさに実験みたいなモノですね(^^;
3機種持ってるからには、同一条件で焼き比べてみなきゃ!と、実際の所、どう?というのもあって実行してみました。
使用したレシピは、高橋雅子さんの「もっちりプレーン」です。偶々、キタノカオリを開けたばっかりだったのと米粉(もち米を加工したリ・ファリーヌ レジェール)があったので、どのくらいもっちりするかな?とやってみた次第です。(もっちりプレーンは、キタノカオリと米粉使われてます)
MK、パナ、サンヨーの順に計量して、いずれも天然酵母・食パンコースでスタート。MKとパナは焼き色をうすめ(淡)にしてます。MKとパナは横に並べてましたが、サンヨーのは別系統から電源取ったので、一番涼しい洗面所で稼働(爆)
しかし、焼き上がったの見たら、MKの無茶苦茶白い。。。写真は、左から、MK HB-150、Panasonic SD-BMS102、SANYO SPM-KP100で焼き上げたパンです。
101016bread01.jpg


あまりに白かったので、ガスオーブンで一気に焼き色つけました。そして、頃合いを見てスライス。
101016bread02.jpg3つとも微妙に、キタノカオリ特有の黄色みがかった色の出具合が違いますね。一番顕著なのはサンヨーですが。パナのは、違う粉使ってないか?というぐらい白に近い。砂糖はきび砂糖なので、その色合い的にも、白いねぇ。まぁ、一番のっぽさんに焼き上がってたからしょうがないといえばしょうがないのでしょうか?
101016bread03.jpg101016bread04.jpg101016bread05.jpg
★試食★
MK:さすがに、レシピ開発で使われてた機種だけあって、バランス良いもっちり感でした。ミミは焼き色付けたからあれですが・・・変更せず、普通のままでいいかもしんないですね。1.5斤焼きで1斤焼いてるから、ちょっと寂しい感じもしますが。
パナ:一番のっぽさんだけに、ふんわりしたもっちりさ(?)、表現するのは難しいですが、口当たりはよろしゅうございましたが、ちょっと軽いかな?。ミミは焼き色標準だと堅いというイメージがあったので淡くしましたが、ちょうど良かったです。
サンヨー:かなりもちもちしてました。噛み応えのあるもっちりさ。もち~?しかし、ミミもさほど堅くなく・・・といった感じです。でも、何かが違う?米粉入れなかったら、MKと同じぐらいの感じになるのではないかな?米粉入ってなかったら、普通の食パンやん!ってとこでしょうか?
☆うちのおじょーらの感想☆
「米粉パンの味がする~」と、給食では確か30%配合だと思うけど、それよりも少ない10%だけど、しっかり味は違うようです。
子どもには、サンヨー→パナ→MKの順に試食させてます。
サンヨーの食べてパナのを食べた際に「こっちが美味しい」と言っておりました。そして、MKの食べたら「あ、これが一番美味しい」
と言った感じで、MKに軍配が上がりました。しかし、この生地、途中で取り出して角食にすると結構良いかもしんない。今度やってみようっと。
◆翌朝に追記◆
朝、再び、そのまま何も付けずに食べてみる。
サンヨーのは、良い具合に水分飛んだのか、昨晩のもち~感も抑えられ、良い具合に食べられました。
パナのは、すみません。どのパンも、昨晩スライスした際の一番端っこ部分で、私はこの部分を食べるのが好きなのですが・・・何か飛んで行ってしまった感で、そのままでは食べられませんでした(TT)私が囓る前に、長女に、5枚切り厚さでピザトーストして食べさせてましたが、濃いめの味でカバーされたみたいで、それはそれで食べられたみたいです。はい。ってことで、トーストしまして、バターマーガリン塗って食べました。
MKのは、中間ですね。水分飛んで、少しソリがきてましたが、そのまま食べた感じは、パナの直後だったので、マシ?ぐらいでした。
最後になりましたが、まったくの個人的主観ですのであしからず。