久々の残りご飯救済パンシリーズみたいですが(^^;載せてないだけで、食パンタイプはよく焼いてます。
さて、ご飯を使ったパンは基本的に面倒臭いからリーン生地ばっかり、偶には少し頑張ってみないと・・・と、今回はちょっとリッチな生地にチャレンジしてみました。
参考にしたレシピは、HB用としては全く思いつきでアレンジするには若干考えるモノがあるともいわれる(なんだそりゃ?)ABCのリッシュ「チョコマーブル」。
それと、今回はパナのHB生地コース使ってますので、パナのご飯パンがベースにもなってます。
チョコマーブル1ベースは、ご飯150gで水・ドライイースト・スキムミルク・バター以外は分量通り。
変えたのは牛乳100ml、卵約30g(ちょっと勢いづいてパンケースに入ってしまったが約1/2個分の26gの予定でありました)、バター30g、ドライイースト4.5g、スキムミルクは無し。
これを生地コース終了までお任せしまして、その後10分放置。あとはパンチ入れて分割してベンチタイムで成形→二次発酵→焼き上げ。
チョコマーブル2チョコマーブル3
ABCのレシピだと、卵は1個半、バターも40gと多めなのですが、それだと焼き上がりがちょっとパサッとした感じになってたので、少しふんわりすべく水分多めにして卵と油脂は抑えようと思ったのですが、若干生地が緩かったですね。なので、発酵に入ってすぐに取り出して生地を〆旁々丸め直ししました。
パナはコース終了間際にガス抜きをやらないので、発酵が鈍かったらそのまま放置してても問題ないから、その点はMKに比べ気にしなくて良いのかなぁ?滅多にHBで発酵までさせることないので、あまり気にしたことないのですが(苦笑)
チョコマーブル4チョコマーブル5
生地コースでしっかり発酵した状態ってどれくらいかというと結構適当ですが、今回は端の方が人差し指第2関節ぐらい?だいたい8分目近くまで発酵してれば良いんではないかと。
成形にはチョコチップを少し多めに使用。
焼き上がったの取り出したら、やはり軟らかめでした。まぁその方が食べやすくもあったんですが。概ね満足でしたが、次は少し見直してみないと。
☆以下、全くの余談☆
最近、画像処理にはPhotoShop Elements10使ってるのですが、Vista時代まではCS1だったのですが、Win7ではXPモードしか使えないので、PCにバンドルされてたCORELのを使ってたけど、慣れもあってElementsにしたのだが、なーんか、昔のバージョンに比べると使いにくい点もありますねぇ。それに、Web書き出しが、以前は前回使った圧縮フォーマットを覚えてたと思うけど、デフォのGifに戻るので、あーもーと言いながらやってます。CS6がリリースされたら、バージョンアップで戻ろうと思うこの頃