おやつ用に、高橋雅子さんの「少しのイーストでホームベーカリー」掲載、ふんわりプレーンのアレンジで、ベーコン・プロセスチーズ・バジルミックスを混ぜ込んだちぎりパン焼いてみました。
101027funwari01.jpg今回使用のベーカリーはMKのです。


101027funwari02.jpg少し生地の水分が多かったようで、ゆるかったです。1次発酵後のガス抜き終わって20分ぐらいしてから生地8分割、ベンチ15分ぐらいでケースに戻してセットしたら、ちょうど成型用の羽根回転するタイミングだったみたいです。あとは、焼き上がりまでお任せ~。
香ばしい匂いが漂って食欲をそそりました。娘達も「いや~はまるわ~」とがっついてて気がついたら、→の写真に(^^;いやいや、やっとうまくできたし、ふんわり焼けてたし、美味しゅうございました。
そして、もぅ一つ、パナの”本格”フランスパンコースで作った生地を成形発酵直前に取り出しまして、ミニバゲットにしてみました。
リスドォル使用。加水67%、塩はゲランドのあら塩。
101027baget.jpgだいたい、フランスパンの成形自体、授業受けて以来やんけ~と、どだったかなぁ?などと忘れてました(苦笑)従って、クープも浅い浅い、開きが悪い。とても見せられる全体写真じゃぁない。なお、今回は、初めてビストロのオートメニュー(フランスパン)使いました。どうやら焼成温度は230度のようで、24分ぐらい焼くみたいです。しかし、それと同じくらいの予熱時間が掛かってます。スチームを飛ばしながら焼きますから、パーリパリな焼き上がり♪ガスオーブンで250度一気にいったがもっとパックリいったのかもしれませんが、良い感じ~でした。シンプルなだけに、味わい深く、いや~はまります。