さて、私が、パナ製ベーカリー買った最大の理由が「ハーフ食パンコース」です。
1斤タイプだと、0.5斤のパンが焼ける(途中で作業いるので全自動ではない)のですが、このコースの粉推奨量150g。私が持ってる手ごね成形パンのレシピは殆ど150g前後。それなら?はい。これで生地捏ねさせちゃいましょう!です。
早速、第1弾(昨日)。
どんなものか、ブリオッシュ生地にチョコチップとオレンジピールを刻んで混ぜ込んでみました。
結果は・・・


101020bread.jpgかなり、生地に練り込まれたふんわり甘めのチョコレートパンになっちまいました(苦笑)
混ぜ込むの早かったです(TT)都合約18分強の練りなので、スタート後15分ぐらいで混ぜるとちょうど良いのかなぁ?ちなみに、ハーフコースにはミックスコールなどありませんので、自分で具材投入です。
したがって、砂糖の量だけ見ると粉に対し1割無かったので、赤サフ使ったのですが、約61分の発酵じゃとてもとても間に合いませんでした。。。ってことで、ガス抜き回転前にケース取り出して、温かい所へ。2次発酵も含めると焼き上げるまでに時間掛かりましたぁ。
そして今日、そんな反省なども踏まえて第2弾。
101021bread.jpg基本的には、フランクフルトロールです。生地が若干余るかな?で、残りモンのハンバーグ種に生地巻いて成形しましたが、ちょっと太めのフランクフルト、巻き付けるには足りなかった。。。シクシク。
しかし、試食後、パン粉が強烈にカリカリだったのか口の中が痛くなる。まだ上の前歯裏はヒリヒリ中。
101021bread02.jpg今回は、砂糖が13%ぐらいでしたので、迷わず金サフです。捏ね上げ温度測ったら30度。35分ぐらいで確認したら良い感じでしたので、そこで取り出してます。発酵中の生地内部の温度31度。
発酵時間は、自分で見極める部分が大きいけど、こんな使い方もできる機能ってことですね。ハーフ系のコースは、あと、あんパンや白パンコースがあるので、生地のタイプによって使い分けてみるのも手かな?