日中心地良かったり冷え込んだり、冬ですねぇ;次女の修学旅行終わって来月中旬は、今度は長女の番です。行き先は、3日間スキーな長野県と東京初日・最終日の計5日間。その説明会が先日ありましたが、往復空路、リスク回避で飛行機を2便に分けるとかではなく、全員同一機。帰りなんて普通席はほぼ娘達の学校のようですよ。機材トラブルがありませんように。
さて、タイトルの玄米粉。取り扱ってるとこが少なく高い。それに無農薬や有機のってなかなか・・・そういった玄米自体が高いってのもありますが;折角器具はあるので、玄米も生協で無農薬の取扱ありますから、自家玄米粉作ってみました。玄米粉作りのプロセスはネット検索でも出てくるように、水洗いした玄米をザルに上げて乾かしてフライパンで乾煎り。冷まして粉引き。お米を乾かすのに時間掛かりますんで、この作業だけでも数時間みときましょ。
↓の山食作るまでに、米粉パンみたいに、玄米粉とグルテンで焼いたりとしてみましたが、どうも膨らみが悪いんですよねぇ。かなりどっしりしたパンになっちゃいまして、強力粉に混ぜて使うのが良さそうだと。
玄米山~焼き上がり、側面がイマイチですねぇ;
山~21.5斤の粉総量450g。うち玄米粉は130g、強力粉は道産ブレンドと特うたまろを約2:1。砂糖は黒糖を使ってます。油脂は。米油を戴いていたので、有り難く使用。水分が若干多かったのか、生地がベタつき気味。次は少し配合変えてみないとですね。焼き色をしっかり付けさせたわりには、ソフトな感じなので、6枚切りそのまま1枚何もつけずに食べることができます。
↓の2種は、いろいろ具材を変えた米粉の丸パンと、コーン・チーズ・ベーコンを巻き込んだラウンドパンです。
121218bread03.jpg121218bread04.jpgラウンドの方は、巻きが少し歪だったので焼き色がしっかり出てませんね;