ひっさびさのニーダー捏ねパン。
今回もABCのレシピでやってます。
ちなみに、粉量は200gなので1.25倍にして8個→10個ですが、ご存知のように、ABCのレシピは砂糖・塩・ドライイーストに関しては○さじ△といった分量ですから、それはg数に換算して計量してます。
101206tomato01.jpg具材は、その辺の残り物をツメツメ(苦笑)


さて、使ってるニーダーのポットはエンボス加工なので、スタートしてしばらくはフチにベッタリ~となるのですが、どれぐらいまで綺麗になるか?と、今回は特に仕込み水代わりにトマトジュース使ってますから観察してみました。
101206tomato02.jpg使用粉は春よ恋、トマトジュースは最低量。油脂を投入する前に、一辺、周りを綺麗にしてやると、使用後に洗うのが楽かな?(苦笑)
ところで、羽根も写真に写ってるようにエンボス加工で、餅だってパスタだって同じ羽根ですが、この羽根、一番最初に使った時、なかなか外れなくて、どーしてなんだよぉーーーっ!と心で叫んでましたが、ふと、主軸受け(ポットの裏底)のとこ回したらどうだろ?と回したら、すんなり外れました。ということで、それ以降はそれでやってます。取説には書いてない技です。