先日、まったく同じ生地を山食とブルマンに分けて同時に焼いてみました。
分量は同じ1斤だけど550gの粉で、コネはニーダーで20分+自分でまとめ
ちょっとじっくりめ発酵の、山食はカイザーのパウンド型へ約54%、ブルマンは46%。
焼成はガスオーブンにて200度20分、180度10分。


↓イギリス色パン 溶き卵もちゃんと塗りましたよ。
090825yamasyoku01.jpg
↓角食 蓋側の角までうまく伸びてないですね。
090825brman01.jpg
↓スライスしてみた
090825yamasyoku02.jpg090825brman02.jpg
粉は、ゴールデンヨットの残り+はるゆたかブレンド使ってます。
とうことで(?) 夏休みの間は、長女の夏休みの宿題絡みで世界のパン作ってました。最後の仕上げで、イギリス食パン→アメリカ渡ってブルマン。そんな感じです。
フランスパン系は流石に68センチなんて焼けませんから、おまけに、クロワッサン・デニッシュ系は夏場はきついんでナシ!(爆) 時間あれば美味しそうな店から調達してきます。
しかし流石に、幾ら今年の夏はそんなに暑くはなかったとはいえ、おやつ兼用で成形パンを週に何度も作るってのはやっぱり疲れました。全部手で捏ねてたら更にしんどかったでしょう(^^; 文明の利器様々です。