ビタクラフトを使って1年半。これといって不都合はなかったけど、吹きこぼれというか吹き飛び方が結構激しくなってきたこの頃で、3口コンロの一番小さい火で炊いてたら、鍋の直径もあるから、なかなか他のコンロで調理がしにくい。ちなみに、我が家のガステーブルは、TOTOの五徳部分がフラットになってるヤツ。鍋の移動は楽ちん♪ そんな訳で、少しスリムにいくか・・・と、いろいろ検討しまして新調しました。
B000I0JITQ無水のごはん道楽や、野田琺瑯のKAMADOも候補にしてましたが、なるべく軽くて扱いやすいのを!と、宮崎製作所「ライスポット 炊飯鍋 5合 RP-5T」になりました。フッ素、ステンレス、チタンと3種類あるのですが、ちょっと値が張ったけど一番軽いチタン(チタン・アルミ・ステンレスの3層鋼構造ではある)にしました。いやいや、ビタクラフトもそう重くは無かったけど、これで1.42kg。軽い軽い。
届いてから何度か炊いてますが、大体5分ぐらいで沸騰し、それから弱火10分。蒸らしは10分だと、ご飯がこびりついてるので、もうちょっと蒸らしたが、底の部分も綺麗に剥がれます。また蒸らす際は、蓋と本体の間に布巾挟んでおくと良いみたいですね。
ご飯→の写真は、一番最初に炊いたご飯。ご飯のこびりつきが気になったので、薄いからこんなんか?と思った次第。
実は、届いた際に取説やら内容物が全然入って無くて、どうやって使うんだ?とわからなかったから、ネットでググって、そういった風に使うんだと判明。ちなみに、販売店に問い合わせして、内容・付属品は全て送ってもらうように手配してます。
吹きこぼれもなく、良い感じにご飯炊けてるので、なかなかgoodなお鍋です。炊き込みご飯も美味しゅうございました。