次女にパンの本を渡して「この中から食べたいパンを幾つか選びなさい」と選ばせた中の一つです。次女、その時々により食べないものやらあるので、折角作っても食べなかったらなぁ・・・と、ふと閃いた打開策(?) 
クラップフェンといって、ドイツの丸い揚げパンです。これが海を渡って、アメリカでリングドーナツになったとかならなかいとか。日本でいうところのあんドーナツ、ドイツじゃベルリーナ?<中にカスタードやジャムを注入
090926krapfen.jpg手前のがシナモンシュガー、奥のがグラニュー糖、それぞれまぶしてます。
二人とも喜んで食べてました。菓子パン恐るべし!


さて、今回はいろいろ参考にして、自分なりにアレンジした配合です。
材料・・・約45g・12個分
強力粉(はるゆたかブレンド)・・・200g(80%)
薄力粉(ドルチェ)・・・50g(20%)
ドライイースト(サフ・金)・・・5g(2%)
きび砂糖・・・30g(12%)
塩(ゲランドの塩・細粒)・・・3g(1.2%)
無塩バター・・・30g(12%)
卵・・・50g(20%)
豆乳(有機豆乳・38度)・・・115g(46%)
一次発酵:30度・40分
ベンチ:15分
二次発酵:35度・30分
揚げ:170度・約3分
たまたま豆乳があったので使ってますが、牛乳でももちろん大丈夫です。甘めの生地になるので、耐糖のドライイーストを使ってます。だいたい予測してた時間で発酵してたので、ちょうど良かったですね。。
ちなみに、7センチのセルクルで抜き取った生地の残りを再び集めまして、都合良く分割したら、合計12個とれました。残りの生地のは分割したのを丸めて平にしてます。揚げながら、こっちの方が形よく揚がってるなぁ・・・と(苦笑)
なお、シナモンシュガーについては、シナモンパウダー小さじ1/4とグラニュー糖(細粒)大さじ2をブレンドしたので代用しました。ビニール袋に入れてからシャカシャカしてまぶす。これ基本。