以前までメインPCにしていたFMVをリビングPC(TV台の中に横置き)にしたのですが、手持ちのBTキーボード、ロジクールのMX5500じゃぁやけにごっつい、また、打ちにくくなってきた。しかし、BTのフルキーボードって、最近はあまり開発されてないのね(^^;ということで、一番新しいであろうバッファローコクヨサプライのBluetooth3.0対応「BSKBB05WH」いってみました。人生初の英語(108)キー
キーボード1ちなみに、色違いで黒も売っています。筐体はちょっとツヤツヤしてるのですが、もっかカバー掛けてるのでよくわかりません(苦笑)ドングルは、プリンストンのPTM-UBT5を使ってますので、そのまま認識は可能だった。んがしかし、どうも動きがおかしい。PCの復帰の際に切断されたままで接続できなかったり・・・と。なんでだろう?と嵌まること小一時間。バッファローのは東芝のスタックだから問題ないはずだけどなぁ~どして?でしたが、そういうときは基本に帰らなきゃいけませんね。サイトから最新ドライバをインストールして設定し直しましたら問題なく動きました(^^)
MX5500と比べてみた写真
キーボード2キーボード3
横幅はほぼ同じ。縦が液晶のとこやパームレストが無いので、邪魔になりにくい。何より、膝上に載っけてても軽いし、今のところ打ちにくさもない。少なくとも、今メインPCのNECワイヤレスよりか打ちやすい(爆)
このキーボード、Macにも対応し、PS3、iPad、iPhone4にも対応。ちなみに、切り替えボタンがあるという訳ではなく、一々接続し直し。Androidには対応予定となってますね。